合成葉酸がモノグルタミン酸型葉酸・天然葉酸がプテロイルグルタミン酸型葉酸

現在では非常に商品数が多くなった葉酸サプリメントですが、この葉酸サプリメントには大きく分けて天然葉酸を使用しているものと、化学合成葉酸を使用しているものがあります。

 

合成タイプの葉酸を含んでいるものは、モノグルタミン酸型葉酸と言われているもので、厚生労働省が摂取を推奨しているのはこの合成葉酸の方なのです。
というのも、モノグルタミン酸型の葉酸の方が吸収率が高く、吸収率が高いがために体内で効率よく働く度合いというのも高いのです。

 

合成葉酸の方は“モノグルタミン酸型葉酸”といわれており、天然葉酸を使用しているサプリメントは“プテロイルグルタミン酸”といわれています。
つまり、簡単に言えばモノグルタミン酸型葉酸は体内吸収率が良く、プテロイルグルタミン酸型葉酸は体内吸収率が低いということになります。

 

吸収率が高いだけではなく体内で効率よく働ける状態になる葉酸の量も多くなりますので、摂取するには合成葉酸の方が良いということになります。
同じ量のサプリメントを摂取しても双方では体内に最終的に残り働くことになる葉酸の量にかなりの違いが出てきてしまうのです。

 

合成葉酸と聞くと、化学成分が使われているということで体に悪いイメージを持っている人も多いのですが、これは葉酸に限って言えば正しいことではなく、重要なのは成分や製造工程を確認することです。
天然が良い!といわれているのは、あくまでその天然葉酸サプリメントを販売したいがための理由でしかなく葉酸に関しては合成葉酸を使ったものでも一概に危険ということにはならないのです。

 

吸収率が高いのが合成葉酸のモノグルタミン型葉酸であるということをまずあらかじめ頭に入れておきましょう。

 

まずは合成葉酸と天然葉酸の違いを把握しておきましょう

 

そもそも、葉酸サプリメントには天然成分から合成して作った葉酸を使用したものと、化学成分から合成して作った葉酸を使用したものというのがあります。

それぞれ合成葉酸とか天然葉酸などと言われているわけですが、世間一般的には言葉の響きやイメージで“化学成分=体に良くないもの”“天然成分=体に良いもの”というイメージが定着しているのではないでしょうか?
ただ、葉酸に関しては天然も合成も悪いわけではありません。
合成葉酸もメリットがありますし、反対に天然葉酸にデメリットだってあるのです。

 

使用されている葉酸の種類も、プテロイルモノグルタミン酸とプテロイルポリグルタミン酸といって違いがあるわけですが、まずは合成葉酸・天然葉酸それぞれのメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

 

まず合成葉酸のメリットとデメリットについてですが、メリットとしては体内吸収率が高いことが挙げられます。
合成葉酸に使用されているモノグルタミン酸型葉酸は、体内に吸収される率が非常に高く、サプリメントで摂取した場合そのうちの85%以上が体内にきちんと吸収され、体のために働いてくれます。
また、化学成分で作られているため味や独特なニオイがなくサプリメントとしても比較的飲みやすい状態に仕上げられているのもメリットの1つと考えてよいでしょう。
反対に、デメリットとしては化学成分を使っているため商品によっては気をつけなければならないということです。
石油を使っている商品などもあり、これはもちろん体に良いとはいえません。
また、葉酸の摂取を目的として化学成分を合成して作られた場合、葉酸以外の栄養素を一緒に摂取することが難しくなってしまいますので、一般的に葉酸と一緒に摂取すべきと言われているビタミンB6やB12、Cなどに関しては別途サプリメントを使用するか、食品から摂取しなければいけなくなります。
こういった点がデメリットとして考えられるでしょう。

 

一方、天然葉酸のメリットとしては合成葉酸とは正反対で天然の食品を使っているために他の栄養素も一緒に摂取できる商品が自然と多くなります。
葉酸サプリメントではあるけれど、葉酸以外の栄養素も含まれているわけですから、葉酸目的で摂取したサプリメントから他の栄養素も得られるというわけです。
ただ、反対に吸収率に関しては非常に低く、摂取した葉酸量の50%、もしくは40%程度しか体内に吸収できないのです。
これは合成葉酸の実に半分程度になってしまいます。
天然葉酸の種類であるポリグルタミン酸の特徴でもあるので仕方ないことなのですが、このため葉酸が著しく不足している人には天然葉酸はおすすめできないというのが正直なところです。

 

このような違いをまず把握し、自分の体の状況に応じて合成葉酸か天然葉酸のどちらを使用するかを考えることが良い葉酸サプリメント選びのポイントになるのです。

 

モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸のバランス良い摂取を

 

多くの人が葉酸の摂取を意識したときというのは、その多くが葉酸不足を実感したとき、または何らかの方法で葉酸不足に気づいたときだと言われています。

 

つまり、葉酸の摂取を始めたときには体内に葉酸が不足している状態であるということになります。
そこで、葉酸サプリメントなどを使って摂取をしたり、または食事の中で葉酸を取り入れるようにしたりということを始めるわけですが、ここでおすすめしたいのがモノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸を上手に使い分けることです。

 

それぞれの葉酸の特徴を理解していれば、使い分けも簡単になります。

 

基本的には、最初に葉酸を摂取し始めるときにはモノグルタミン酸型葉酸を摂取するようにすれば良いのです。
吸収率が高く1日に必要な摂取量を体内に取り入れることができるわけですから、物グルタミン酸型葉酸でまず根本的な葉酸不足を解消していけば良いのです。

 

そして、ある程度遅れを取り戻すように葉酸不足が解消できてきたら、今度はポリグルタミン酸型葉酸を段々と取り入れるようにして物グルタミン酸型葉酸の量を減らしていけば良いのです。
もちろん、1日に摂取する葉酸の量は変わらないようにしなければ再び不足してしまいますので、摂取量の調整には注意が必要になります。

 

最終的にポリグルタミン酸型葉酸だけにするとなると、再び葉酸不足を招くリスクが高くなりますので、モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸の双方のバランスを調節して摂取を続けるようにすれば良いのです。

 

ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の共通点と違いとは?

 

モノグルタミン酸型葉酸を知る上で外せないのがポリグルタミン型葉酸についてです。

基本的に、モノグルタミン型葉酸と区別されることはされるのですが、ではこの2つは全く違うものなのかといえばそうではないのです。

 

この2つの異なった型の葉酸は全く違う点もありますが共通点もあるのです。
そもそも、モノグルタミン酸というのはポリグルタミン酸が体内に取り込まれ、体内に存在している酵素がポリグルタミン酸型葉酸を分解することでモノグルタミン型葉酸に姿を変えるのです。
そして、ポリグルタミン酸型葉酸は食品から摂取できるものである一方、モノグルタミン酸型葉酸は食品から摂取することはできません。
酵素が分解して作られる一種の合成型葉酸であるからです。

 

食品から摂取できるポリグルタミン酸型葉酸というのは熱や水分に弱いため、食品から葉酸を取り込んだとしても体内に吸収できるのは摂取した食品に含まれる葉酸量のほぼ半分以下まで減ってしまうといわれています。
人によっては体内に葉酸を取り込みづらい体質の人もいるため、摂取した量の4分の1程度まで吸収率が下がってしまう場合もあります。

 

モノグルタミン酸は、摂取したうちの85%は体内に取り込まれるといわれているので、結果的に体内で働いてくれる葉酸の量はモノグルタミン酸型葉酸の方が多いということになります。
とはいえ、普段の食事から摂取できるのはポリグルタミン酸型葉酸であるため、身近な存在であるとも言えるわけです。

 

このようにポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸は共通点もあるのですが、全く違うものでもあるのです。
参照元: 葉酸サプリの天然・合成の違いは効力!(葉酸サプリ口コミナビ)

  • 2016/03/28 09:13:28